SSブログ
前の10件 | -

【授業紹介】「作業科学」 [授業風景]

作業療法学専攻3年生の「作業科学」の授業紹介です。
作業療法は作業を通して対象者の方の健康を実現するのが仕事です。
作業科学は、作業と健康の関係について研究する学問の領域ですが、
授業の中では「作業とは何か」「どのような作業をすると健康になるのか」などを学んでいきます。

今回の授業では、健康につながる作業をみんなで考えてその作業を体験しました。

みんなで考えた作業は、
「散歩→宝探し→ゴミ拾い」という作業です。

実際に作業をしてみると
「歩いて良い運動になった」
「宝探しをみんなとやって楽しい時間を過ごせた」
「道路のゴミを拾って地域に貢献できた」
「多くのゴミを拾えた達成感があった」など、
作業することで様々な効果があることを感じてくれたようです。
ot-jugyo_202012_1.JPG
ot-jugyo_202012_2.JPG
ot-jugyo_202012_3.JPG
ot-jugyo_202012_4.JPG
ot-jugyo_202012_5.JPG
今回の経験から作業の大切さを知り、
作業を活かした作業療法を実践してほしいです。

ちなみに宝探しの景品はお菓子、
授業の合間にみんなでおやつタイムをしてました。
ot-jugyo_202012_6.JPG
ot-jugyo_202012_7.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:学校

ボッチャ審判員講習会 [クラブ・サークル]

12月6日(日)
愛知ボッチャ協会の方を講師にお招きし、本学講堂にてボッチャ審判講習会を開催しました!!
ボッチャのクラス、試合時間、ボールチェックのことなどのお話を聴いた後、
実際にボッチャを楽しみながら審判ルールを教えていただきました。
まずは、ゲームの進行の要になる主審の役割からはじまり、線審、タイムキーパーへと進み、またジャッジに関することもだんだんと深い内容へと展開。
ゲームを繰り返すうちに、学生の方から疑問点がたくさん出てきて、みんな積極的に学んでました(^^)
最後の練習になったときには、ほとんどの人がプレーヤーをやりたいっ、て。
「これは審判講習だぞっ」と思いながら、ボッチャの魅力を存分に感じてもらえたんだなと嬉しく思いました。

講習会を受けて終わりではなく、ぜひ、大会での審判参加にチャレンジしてほしいなと思います。

皆さん、お疲れ様でした。
講師の先生方、ありがとうございました。
bottya_201206_1.jpg
bottya_201206_2.jpg
bottya_201206_3.jpg

リハビリテーション学科 加藤


nice!(0) 
共通テーマ:学校

【パラスポーツサークル】パラアスリート支援~PTやOTに何ができるか~ [クラブ・サークル]

パラスポーツサークル企画として、
鳥居昭久先生をお招きし講演会を開催しました。
テーマは、「パラアスリート支援 PTやOTが何ができるか」です。
IMG_7093.JPG
学生が聴きたい話をリクエストし、パラスポーツに関わるきっかけや、
どのような経験をされてきたか等、普段の授業ではなかなか聴くことのない内容もお聴きすることができました。

講演いただいた鳥居先生、有難うございました。
一人でも多くの学生さんに障がい者スポーツの世界を知っていただけると嬉しいですね。

<メンバーの作業療法学専攻2年の宮田さんの感想>
障がい者スポーツは可能性がたくさんあるという言葉が印象に残りました。
障害がある人でも、残っている機能を生かしたり、道具を工夫することでスポーツを行えることがわかりました。
これからも、積極的に障がい者スポーツについて学び、OTの視点でサポートできるようになりたいです。
PXL_20201204_073716805.jpg

パラスポーツサークル担当:加藤


nice!(0) 
共通テーマ:学校

卒業研究発表会

 11月27日と28日、理学療法学専攻の卒業研究発表会が行われました。1年生の末に研究テーマを考え始めてから約2年間。試行錯誤を繰り返しながら研究計画を立て、実践した成果を発表しました。今年は31演題が発表され、テーマは生理学や運動学などの基礎的なものから、臨床応用を考えたもの、アプリやロボット機器など今後さらに発展が期待されるものなど様々でした。新型コロナウイルス感染症の影響で、満足にデータ測定や討論が出来ないこともありましたが、何とか形にして発表することが出来ました。
 発表会は、感染症予防対策を取りながら、対面とオンラインのハイブリッド型でメイン会場とサテライト会場2つの計3会場で行われました。理学療法学専攻の学生と教員全員が参加しました。初のハイブリッド型開催でしたが、質疑応答の時間には多くの質問が出され意見が交換されました。特に1年生からの意表を突いた質問が印象的でした。
 自分の研究を人に発表すること。それは準備も含めて、自分の研究や考えを客観的に見直す良い機会です。研究の内容や、伝える方法、そして発表者や質問者としての態度も含めてしっかり準備が出来たでしょうか。150人の前で発表できる機会はそんなに多くありません。とても貴重な学びができたと思います。
 そして、まだ論文作成が残っています。国家試験もあり一息つく間もありませんが、体調に気をつけて、学生は悔いのないように論文を仕上げましょう。
PXL_20201128_003829542.jpg
PXL_20201128_040737180.jpg
PXL_20201128_040552462.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:学校

【災害医療】災害エスノグラフィー

11月13日(金)

日本赤十字社愛知県支部の方々を講師に迎え、災害エスノグラフィーを実施いたしました。
※「災害エスノグラフィー」とは、大規模災害の被災者の被験談を通じて、災害を追体験することで被災の具体的なイメージを理解することです。

昨年度も実施したこの災害エスノグラフィー。
今年度は、平成 12 年 9 月に名古屋圏に甚大な被害をもたらした東海豪雨から 20 年の節目にあたるため、
『大雨・土砂災害編』として、「平成 26 年 8 月豪雨 広島県広島市の事例」を基に両専攻の1年生がグループワークなどを通じて追体験を行いました。
IMG_60971.JPG
IMG_61221.JPG
IMG_61451.JPG
IMG_61571.JPG

学生からは、東海豪雨は自分たちが生まれる前に起きた災害で名前しか知らなかったが、
発生当時の様子を知って、災害医療に関してのしっかりとした知識を身につけなくてはいけないと感じた。などの感想がありました。
IMG_62621.JPG
IMG_62991.JPG
IMG_63291.JPG



nice!(0) 
共通テーマ:学校

2020韓日社会福祉政策フォーラム開催

11月16日(月)
駐名古屋大韓民国総領事館と愛知医療学院短期大学(以下、本学)が主催する「2020韓日社会福祉政策フォーラム」が名古屋観光ホテルで開催されました。
各自治体関係者や大学関係者、本学が官学連携事業として取り組んでいる「清須市民げんき大学」の学生など、約50名の方々が聴講されました。
朴先哲総領事、石川清学長の挨拶に始まり、ニッセイ基礎研究所の金明中氏による講演「日韓における高齢化の現状と今後のあり方」、本学副学長の加藤真弓教授による講演「自治体との連携による介護予防の取り組み」が催され、本学の学生が登壇し講演を行う場面もあり、参加した学生たちも貴重な機会と捉え真剣な眼差しで聴講していました。
IMG_6545.jpg
IMG_6455.JPG
IMG_6457.JPG
IMG_6471.JPG
IMG_6484.JPG
IMG_6512.JPG
IMG_6499.JPG

nice!(0) 
共通テーマ:学校

【部活動】女子野球部活動再開! [クラブ・サークル]

本学の女子野球部が活動を再開しました。
本日は、顧問の齊藤先生の指導の下、キャッチボールや捕球練習をしていました。
11月1日に試合も控えているため、熱の入った練習が行われていました。
勝利を目指して頑張ってください!
IMG_4813.JPG
IMG_4836.JPG
IMG_4847.JPG
IMG_4911.JPG
IMG_4930.JPG

nice!(0) 
共通テーマ:学校

「おうちde体操(自宅でできる運動)」 [お知らせ]

自宅にいる時間が長いと、気になるのが「身体的な不活発」です。
不活発な生活は病気を引き起こしやすくなります。
いつでも動けるからだを維持するために、限られた生活範囲の中でも活動的な生活を心がけることが大切です。
私たちは、「清須のシニアの元気をお手伝い」を合言葉に、自宅で行っていただきたい運動集を作成しました。
皆さんの生活にこの運動を「プラスワン」いただければ幸いです。

運動集に書かれている注意事項を確認し、無理せずに行ってみてください。

愛知医療学院短期大学 清須市民げんき大学講師
理学療法学専攻2年生有志

おうちde体操(自宅でできる運動)(PDF:478KB)


nice!(0) 
共通テーマ:学校

令和元年度 卒業式 [大学行事報告]

3/14(土)
令和元年度卒業式が挙行されました。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響に伴い、出席者を卒業生と教職員に限定し、本学講堂にて実施しました。
DSC03947.JPG
DSC03946.JPG
規模を縮小しての開催となりましたが、卒業生の皆さんが本学での経験を活かして理学療法士・作業療法士として活躍されることを願っています。
ご卒業おめでとうございます。

令和元年度愛知医療学院短期大学卒業式 学長式辞


nice!(0) 
共通テーマ:学校

【出前講義】尾張中部地域保健師会研修会 [出前講義]

部次長の挨拶の後、石川 清学長が「来るべき南海トラフ地震に備え、私たちの心得 ~災害医療の視点から~」と題して講演を行いました。参加者は、同会に所属する保健師の他、地域の保健所長、市役所職員、災害ボランティアなど約40名が参加しました。参加者は、講演の中の東日本大震災での石巻赤十字病院職員の対応について高い関心を示していました。講演終了後、約30分間の質疑応答時間を設けて、当地区での災害医療の問題点等について議論を行いました。
hokenshikai.jpg
hokenshikai2.jpg
hokenshikai3.jpg
hokenshikai4.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -